タイプを知る

一言でレジと言っても、様々な種類があります。
大きく2つの機会があり、「ストロークキータイプ」と「フラットキータイプ」と言います。
この2つのレジは各々に特徴があります。
例えば、コンビニエンスストアやスーパーマーケットといった商品を多く取り扱うお店、またはレストランや食堂などのような飲食店向けのタイプとして使い分けが出来ます。

ストロークキータイプは主にスーパーマーケットなどの物販店で利用されています。
その操作方法に、選ばれる特徴があるからです。
ストロークキータイプのレジは、「金額」ボタンを押した後に「部門」ボタンを押して売上を打ちます。
現在では、多くの店舗で、ハンドスキャナーを設置して使っています。
ハンドスキャナーとは、バーコードを読み込む機会のことです。
そのハンドスキャナーにより、レジの処理速度が早くなり、顧客満足にも大きく貢献していると言われています。

フラットキータイプはワンタッチキーを使う事にその特徴が表れています。
このワンタッチキーに単品の商品を登録する事によって、ワンタッチキーを押すと同時に商品名と金額が印字されるタイプです。
指ひとつの操作で一気に商品名と金額が分かるようになるので、とても便利です。

コンパクトで誰でも扱い易いレジは、瞬く間に飲食店や物販店で使われるようになりました。
また、物販店では特に、PC接続対応のレジなどが人気をあつめました。
販売されたデータを集計し、今後の販売戦略に活かせるという事で、大手の量販店や、飲食店では積極的に取り入れています。