アフターサービス

レジを購入して、使い続けていると、時々トラブルが起きる事もあります。
簡単な事で言えば、インク切れだったり、印字する為のロール紙が詰まったり、変な風に巻き込まれてしまったりします。
そのようなトラブルであれば、なれた定員が速やかに処置して終了です。
しかし、レジの動作が切れ切れになったり、時には動かなくなってしまったりする事もあります。
そんな時はまず電池やコンセントなどの電源を確認する事が大切です。
基本的な事ですが、お客さんがレジの前にずらっとならんでいるなど、状況により気持ちが焦っていると、以外と見落としてしまうものです。
そして、落ち着いて正しい方法で操作し直す事が大切です。
お金を扱う機会なので、何かお客さんに不審を抱かせるような事があってはいけません。
また、ホコリやゴミなどが溜まってしまい、レシート口に用紙がからまって出ない事もあるので、日々のメンテナスに気を使う事も大切です。

どう点検しても、やっぱり動かないという時は、アフターサービスを利用するのが良いです。
アフターサービスは、大抵どこのレジ販売会社で行なっているものです。
購入した後の、操作方法で分からない事を教えてくれる事や、レジのトラブルが起きた時に対応してくれる窓口や、保証期間を設け、その間は修理無料なんて所もあります。
レジは機械なので、素人が見るよりも、やはりプロに見て貰ったほうが良いものです。
もし各種アフターサービスが利用出来るのなら、賢く活用していく事が大切です。