設定

レジ本体があれば、すぐに営業に使えるわけではありません。
レジは最初の状態は、なんの情報も打ち込まれていない、まっさらな状態です。
この中に商品や価格の登録をしていかなければなりません。
その機種によって異なりますが、操作は直接レジの画面に入力できるようになっています。
誰でも使えるよう、簡単に操作出来る仕組みになっているので、取り扱い説明書どおりの操作をすれば、一日で登録を全て終える事が出来ます。
商品の登録は、そのレジを使う店舗ごとに特色が出てくるものです。
商品名や価格の他に、カテゴリーなどのグループとして登録する方法などを利用する店舗もあります。
例えば、飲食店などで、お昼のメニューと夜のメニューが異なっていれば、昼と夜でおおまかなカテゴリー登録をしておけばとても便利です。

とは言っても、登録するのは少々手間のかかる仕事です。
多くの商品をあつかう、スーパーマーケットや、コンビニエンスストアなどでは、多数の品目があり、複数のレジを購入する事も珍しくありませんので、もしかしたら1日で登録が終わらない事もあるでしょう。
長時間登録に時間をかける事が出来ない場合は、販売業者に登録を依頼できるサービスも存在します。
この登録代行サービスを依頼すれば、レジが店舗に届く頃には、情報の全て入力された完全な状態で引き渡しを受ける事が可能です。
操作が面倒、登録に割く時間が惜しいような場合には、この登録代行サービスを利用するのが良いでしょう。