レジ以外のもの

レジ自体の進化もそうですが、近年目を見張るものがあるのが、その周辺機器についてです。
例えば支払いの利便性の面から利用者が増えていったクレジットカードなどの読み取り機や、販促活動の為のポイントカードです。

最も多くの物販店や飲食店で使われていると言われているのが、クレジットカードの読み取り端末です。
海外旅行や、高価な宝飾店などで良く利用されていたクレジットカードですが、今や至る所で利用されています。
コンビニエンスストアや、病院といった医療機関などでもクレジットカードの読み取り端末が併せて設置されているレジをよく見かけます。
このようにクレジットカードが流通し始めたのは、やはりその利便性と、様々なカードを扱う会社があることです。
一人で何枚もクレジットカードを持ち、使い分けをする人も少なくありません。
このように社会のニーズとしてクレジットカードの利用が旅行や高額商品の購入といった事から日常生活のお買い物レベルまで広がり、併せてクレジットカード読み取り端末を備えるレジも必要とされてきました。
今や、クレジットカード読み取り端末を含まないレジを使う店舗は数少ない存在です。

また、クレジットカードの読み取り端末利用と共に広がってきたレジの周辺機器としては、ポイントカードの読み取り機器が挙げられます。
ポイントカードというのは、その店舗独自のポイントを貯めるシステムに用いられるカードです。
◯円支払いするごとに1ポイント進呈、というように販促ツールの一環として、様々な業種で利用されています。
多くの人の財布には、コンビニエンスストアや、ドラッグストアなどのポイントカードが複数枚入っているものです。
このポイントを貯めると、商品と交換できたりするシステムで、お買い物の際は必ずポイントを貯めるという人も多いでしょう。
店舗側にとっても、リピーターの獲得という意味で大きく貢献するこのシステムですが、レジに併設する周辺機器として設置することで、金額からポイントを割り出す手間を省けます。
それはレジの一人あたりの所要時間の縮小と、人的ミスでポイントを少なく入れたり、多く入れすぎたりという問題を無くす事に役立っています。
全国展開する店舗でポイントカードを用いている物販店や飲食店などでは、ほぼこのレジ併用型のポイントカードシステムを導入していると言って良いでしょう。