価格面

レジの価格ですが、それはメーカーやその機能などによって異なります。
いくら安いからと言って、あまり機能面で充実しておらず、実際に使ってみると使い勝手が悪いといった事もあります。
そのような事にならない為には、レジ自体の価格に惑わされず、よく吟味して選ぶ必要があります。

大まかに言うと、レジの価格は、1万円から5万円程の価格帯で販売されています。
基本的に計算する機能が付いているもの、またネットと接続出来るネットレジタイプなど、機能面で価格の差はついてきます。
だからと言って、ネット環境がないのにネットレジを購入し、商品の販売戦略にも利用したいのに、基本機能のみのものを買うと逆に損失です。
購入する際は、よく用途を見極めて検討していく事が大切です。
また、本体だけではなく、クレジットカードやエディ、スイカなどの各種カードを使う顧客層が多いようなら、その読み取り専用機も併せて購入する必要があります。
購入する前に、それら周辺機器の価格も調べておくのが良いでしょう。

レジは、その本体だけあれば良いというものではありません。
そのレジを利用するためには、様々な付属品が必要です。
インクレジスター式のものなら、専用のインクが必要です。
最近のものは、インクではなく、インクリボンが主流で、これも消耗品なので、常にストックを備える必要があります。
また、レシートに印字する為の専用のロールペーパーも入ります。
これらの消耗品がどれだけ必要なのか、売上の概算から大体の予想をつけておくことも必要です。